矯正で健康な口内

芸能人も矯正している

年配者における歯科矯正について

歯科矯正というと子供を中心に若い人が受けるものというイメージがあります。事実、若い人のほうが多く治療を受けていますが、年配者でも治療を受けている例は少なくありません。60代、70代でも治療を受けている人はたくさんいるのです。歯科矯正を受けることで入れ歯やインプラントによる歯の補充がしやすくなります。治療後はよく噛むことができるので、食べるのが楽しくなりますし、よく噛むことで認知症の予防にもつながります。また虫歯や歯周病の治療も並行して行うことができ、口の中全体が健康になるというメリットもあります。

歯科医院と差し歯について

失った歯を補てんする方法は歯科医院によっていくつかあります。健康保険の範囲内で購入できる差し歯は安価なのがメリットですが、その分年数の経過による劣化が心配です。安価で買えるプラスチックの差し歯は、今ある歯に合わせて色を選ぶことが出来ます。どれも同じに見えますが、多い所では16種類ほどの色があって患者が自由に選ぶことが出来ます。全国でも多くの歯科医院で行っている方法で、保険の範囲で出来るので、詳しくは医師に尋ねてみると良いです。